オイルドヌバックってどんな皮革?

ココマイスターでではナポレオンカーフと呼ばれていますが、
オイルドヌバック自体は、特殊な皮革というわけではなく、
他の用途にも使われている皮革です

 

オイルドヌバックの財布一覧

 



ではオイルドヌバックとはどんな皮革なのでしょう?簡単に言うと・・・

起毛させた表皮に、オイルを染み込ませた皮革

オイルドヌバックという文字を、二つに分けると
「オイルド」と「ヌバック」に分かれます

それぞれの意味は、
オイルド・・・油の染み込ませた
ヌバック・・・起毛させた表皮

です

 

特にヌバックは、スエード(UGGなどの靴に使われている皮革)に似させて作られたそうです

スエードは牛さんの革の裏側を起毛させているのでバックと呼ばれますが、
ヌバックは、スエードっぽくなるように表側を起毛させた、新しいバックってことで「Nu(New)」バックでヌバックなんですって

 



オイルドヌバックは耐水性に優れる
オイルドヌバックは、元々は登山靴などに使われていました
雪山で、水に濡れても耐えられるように、オイルを染み込ませてたんです

なので比較的、水には強いと言えます

もちろん、濡らしていいってわけじゃないので、
出来るだけ濡らさないようにしてください

 



傷が付きやすいが、自分で修復できる
この皮革、傷は付きやすいです
ですが、ブラッシングしてやるとすぐに隠れます

 



経年変化が早い
オイルがたっぷり染み込ませてるので、
半年ほどで、普通の皮革の5年分ほどあるらしい

 



というわけで、いろんな特徴があるオイルドヌバックです

 



僕も旅行用財布にオイルドヌバックの財布を使っていますが、手触りも悪くないし、なかなかいい感触ですよ。使いだしたらハマる人、結構いると思いますよ

 

オイルドヌバックの財布一覧



 

よく読まれている記事

コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?
コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?

 

ココマイスターの財布2つ目
まさか2つも財布をもつなんて・・・僕が2つ目の長財布を買った理由とは?

 

愛用して2年経過の感想
2つ目の財布を使いはじめて2年経過して分かったこと、そして寂しいこと

 

グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品
グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品

 


意外と変わらない!?ボッテガ・ヴェネタとココマイスターの長財布比較