ココマイスターの職人さんってどんな人?

 

ココマイスターでは、結構、高級な皮革を使っているらしい

 

昔から革製品の業界では
「イタリアの皮革で、日本の職人が作る」
というのが、最高と言われてきたそうなんですが、
皮革の管理の面で、どうしても難しかったんだそうです

さらに、皮革が高級になると、加工も難しくなってくるらしく、
そんじょそこらの革職人では、とても作るのが難しかったそうです

 

それをココマイスターでは、何とか実現したそうです

 



では、そのココマイスターの職人さんって、いったいどんな人でしょう?
公式サイトにも登場されていますが、こちらでは僕の雑感ということで

 



sakai.jpg 酒井 勝

ココマイスターの、まさにマスターとも言うべき職人さん、酒井さん
御年71歳、職人歴50年

 

酒井さんの哲学に「機械じゃダメ、手作業じゃなきゃ」ってのがあるらしいけど、
50年の経験を持つ職人さんに言われたら、ハハーっと頭下げるしかありません

 

sakai2.jpg 仕事しているときの目は、まさに職人って感じですね

 



kikuchi.jpg 菊池 公夫

もう一人の職人さん、菊池さん
御年56歳、職人歴40年

ってことは16歳からやってるってことか?
菊池さんも、職人歴40年ということです

酒井さんと10年も違うけど、ここまで来ると誤差ですね

 

その40年の経験を持つ菊池さんが
「かつてこんな上質な皮革を縫製したことは記憶にない。」
と仰ってるってことですので・・・ 良い革なんでしょうね

 



ちなみに・・・
このページには、職人さんは2人しか紹介されていません
ということは、この2人で作ってるってことでしょうかねぇ?

ファンとしてはもっと職人さんを増やしてもらって、
現状の供給不足をなんとかして欲しいですが・・・

ここまでの腕の職人さんは滅多に見つからないんでしょうね・・・
そう考えると、やっぱり貴重だなぁ

 



■ 気になるポイント(酒井さんについて)

1.酒井さんの今後の目標に「後輩をしっかり育てて一人前に活躍してほしい」とある
  後輩って、菊池さんのこと? 40年も経歴があるのに、まだまだひよっこってことか?
  職人の世界は奥が深い・・・

2.酒井さんってこのおじいさんに似てるけど、もしかしてモデル?
  ヒゲ生えてるから別人かな。でも、親族の可能性も捨てきれないね・・・

 



ココマイスターについて詳しくはこちら




 

よく読まれている記事

コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?
コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?

 

ココマイスターの財布2つ目
まさか2つも財布をもつなんて・・・僕が2つ目の長財布を買った理由とは?

 

愛用して2年経過の感想
2つ目の財布を使いはじめて2年経過して分かったこと、そして寂しいこと

 

グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品
グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品

 


意外と変わらない!?ボッテガ・ヴェネタとココマイスターの長財布比較