ココマイスターの長財布の傷

 

ココマイスターは、皮革によって、元々傷が付いている商品があります

例えばこのマットーネと呼ばれる皮革のシリーズ

カーフ(子牛の皮革)にオイルを塗りこみ、卵白を塗りこんで、
光沢を出すという技術を用いた皮革を使用していますが、
子牛が生前、柵や他の牛の角で付けられた傷が、そのまま残っています

 

傷があるのはちょっと嫌だなと思うかもしれませんが、
その傷は、牛が生きていた証

そして世界で同じものが二つとない、そういう特別な意味もあります

 



だから僕はあえて、傷がついている皮革の長財布を選びました

 

友達に財布を見せるとき「この傷はね・・・」
なんて話すのが、最近では楽しみになってきました

 

どんな皮革を選ぶかは、個人の好みなんで・・・

マルティーニブライドルレザーは、表面加工をしてあるので、
皮革表面に傷はありません(目立たない?)

 

ココマイスターについて詳しくはこちら




 

よく読まれている記事

コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?
コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?

 

ココマイスターの財布2つ目
まさか2つも財布をもつなんて・・・僕が2つ目の長財布を買った理由とは?

 

愛用して2年経過の感想
2つ目の財布を使いはじめて2年経過して分かったこと、そして寂しいこと

 

グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品
グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品

 


意外と変わらない!?ボッテガ・ヴェネタとココマイスターの長財布比較