アルバートカーフ ローレンスウォレット

アルバートカーフ ローレンスウォレット

2013年11月に発表された、ココマイスターの新しいシリーズのアルバートカーフシリーズ

その中でも、フラッグシップモデル(?)的なのが、
このラウンドファスナーのローレンスウォレット

 

ローレンスって言ったら、この曲を思い出しますが・・・

 

まあ、曲と財布は関係ありませんわーい(嬉しい顔)

 

もしよければ、
素晴らしい音楽を聞きながら、
素晴らしい財布の、
僕が書いた拙いレビューを、お読みいただければ幸いです m(_ _)m

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

アルバートカーフでまず目を引くのが、外装の皮革です
カーフレザー、つまり子牛の革を使っていて、傷が少ないのが特徴

さらに傷がある部分は避け、傷の無い部分だけをつかっています
非常に貴重な皮革です

ちなみに色はマホガニーという色

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

縫製の丁寧さを見ようとアップの写真を撮りましたが、
むしろ革のキメ細かさが、目につきます

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

持ち手部分も、丁寧に作られています

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

横から見るとこんな感じ

 



では、中を見てみましょう
アルバートカーフ ローレンスウォレット

アルバートカーフシリーズの大きな特徴の2つ目
内装がマルティーニシリーズと同じ革を使ってるところ

オイルを十分に染み込ませた革は、柔らかく仕上がっていて、
カードの出し入れもしやすく、汚れもつきにくい仕上がりです

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

内装にはCOCOMEISTERのロゴがあります

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

縫製もしっかり

 



 

アルバートカーフ ローレンスウォレット

3色並べて、横から撮影してみました

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

定番色のブラック

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

個人的にはこの色がすき キャメル

 



というわけで、アルバートカーフ ローレンスウォレットですが、
個人的には、外装のカーフ素材ももちろん、内装のマルティーニ素材が嬉しいかもしれません

全体的に、非常に上品な財布に仕上がっていますよね

 

これでまた、買おうと思ってる方は、選択肢が増えましたが、
それと同時に、どちらにしようかと悩まれるのではないでしょうかねぇ

 



アルバートカーフ ローレンスウォレット

 



 

よく読まれている記事

コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?
コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?

 

ココマイスターの財布2つ目
まさか2つも財布をもつなんて・・・僕が2つ目の長財布を買った理由とは?

 

愛用して2年経過の感想
2つ目の財布を使いはじめて2年経過して分かったこと、そして寂しいこと

 

グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品
グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品

 


意外と変わらない!?ボッテガ・ヴェネタとココマイスターの長財布比較