20代の男性にオススメのココマイスターの長財布

20代と一口に言っても、千差万別である

若くから起業して、20代前半で立派な経営者として活躍する人もいれば、
30手前なのに、毎日プラプラしている人もいる

 

もしかしたら、20代って、
一番バラエティーに富んだ年代なのかもしれません

 



そのバラエティー豊かな20代に向けて、
ココマイスターの商品の中でこれがオススメだ!
なんて言っちゃうんだから、ちょっと暴論ですね

でも言っちゃうよ

 



20代にオススメのココマイスターの長財布

20dai-mattone.jpg

あえて言うなら、マットーネ ラージウォレットでしょう

ココマイスターのラインナップの中でも、
マットーネという革は、特に人気の素材

 

いかにも革!

って感じの匂いと手触り感があります

 



マットーネの製法は、牛の革を手作業でなめし、手染めで仕上げ、
なんと、最後に卵白を手で塗りこむという「カゼイン処理」を施して完成

結構、時間とコストがかかる革である

 

さらに、革の表面には、牛が生前付けた傷や、
シワ、血筋などがそのまま残っている

普通は表面に凹凸をつけたりして、傷を隠すのが普通なんだけど、
このマットーネは、あえて傷を隠さず、
傷自身がその革の個性となるようにしている

 



経年変化も程度にあり、革本来の楽しみを存分に堪能するには、
一番最適な革だと言える

ちなみに卵白を塗りこんだからといって、生臭くはない
革の匂いしかしないのでご安心を

 



20代に必要なもの

と、前置きが長くなりましたが、
20代になぜマットーネ ラージウォレットがオススメなのか?

 

20代は、これからの人生の方向をある程度定める、
非常に重要な時期なんだと思う

多くの人が、20代に就いた仕事で、人生を全うする

 

つまり、これからの人生が、どう加速していくか、
それを決めるのが20代なんだと思うわけです

 



その20代で本物に触れておくことは非常に大事

20代という重要な時期に、なるべく本物に触れておくことが、
非常に重要だとは、よく言われることです

 

そしてマットーネは、本物の革の楽しみを、
存分に味わいやすい革です

本物の革の匂い、本物の革の手触り、本物の革の経年変化

 

これらを楽しむには、最も最適な革だし、
革本来の魅力が、最大限活かされた革です

 

そういう意味で、20代でココマイスターを選択肢のひとつに入れることは、
すごくラッキーなことだと思うし、いいセンスを持っていると思います

 



 

そして、自分の持ち物について語れること

もうひとつ、ココマイスターのマットーネを持つことで、重要なこと
それは、人に語れること

 

自分の持ち物について、ただなんとなく買う人、
自分が持っているモノに対し、熱く語れる人、

どっちが人間として魅力的だろうか?

 



マットーネは、先程から書いている通り、語れることが多い

 

まずツカミは卵白処理の話から
財布に卵白が塗ってあるなんて聞いたら、
知らない人は、さぞびっくりするだろう

きっと臭いをかがせろって言ってくる

そしてかいだら、予想外にいい匂いがするので、
さらにびっくりするかもしれない

 



さらに、財布についた、ひとつひとつの傷を見せながら、
これはこういう傷で、これは血筋で、と、自らも想像しながら人に語る時、
それは財布を手に入れた時以上に、楽しい瞬間かもしれない

 

財布の経年変化を、恋人や友人と共有することも出来る
財布を買って、しばらくしてから

「こんなに色が変わったよ」

なんて話すのが、ちょっと楽しみになってくる

 



とまあ、いろいろ書かせていただきました

20代の人からしたら、アラフォーオッサンの戯言と思うかもしれませんが、
このブログでは20代オススメの財布は、マットーネ ラージウォレット

 

もちろん30代40代50代60代70代80代が持っても大丈夫ですが、
特に20代にこそ、手にしてもらいたい財布です

 

マットーネ ラージウォレットの詳細

 



 

よく読まれている記事

コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?
コードバンとブライドルレザー、使ってみてどっちがいい?

 

ココマイスターの財布2つ目
まさか2つも財布をもつなんて・・・僕が2つ目の長財布を買った理由とは?

 

愛用して2年経過の感想
2つ目の財布を使いはじめて2年経過して分かったこと、そして寂しいこと

 

グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品
グランドウォレットはブライドルレザーの中でも人気の商品

 


意外と変わらない!?ボッテガ・ヴェネタとココマイスターの長財布比較